すい臓はどこにあるの?

ストレスや油物を食べ過ぎた時に「胃が痛い」とは言う人はいますが、
「すい臓が痛い」と言う人を見た事がありません。
すい臓って一体どこにあるのか、ピンと来ませんよね。

「五臓六腑にしみわたるね〜」という言葉がありますが、
ごぞうろっぷって?
「五臓」とは、肝・心・脾・肺・腎
「六腑」とは、胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦
三焦という言葉は中国医学から来た言葉で、
そのような名前の臓器はありません。

すい臓や胆のうの名前が出て来ませんね。
すい臓は、胃の裏側にある臓器で見えにくい場所にあったことから、
大昔は、すい臓の存在そのものが知られていなかったという説があります。

実際、人間の体はもっと多くの臓器で構成されています。

すい臓や胆のう、胆管は非常に重要な役割を持っています。
すい臓は胃の裏側にあり、トウモロコシを横にしたような形をしています。
長さは15〜20cm、幅は3〜4cm、厚みは2cmくらいです。
お腹の右側に、十二指腸が作り出すカーブの中に膵頭部がおさまっています。
お腹の左側には膵尾部があります。
中間部分を膵体部といいます。
すい臓の表面はブツブツしており、
消化酵素を分泌するための組織が集まっています。