胆汁

胆汁は黄色〜茶色をしています。
胆汁色素はビリルビンともいい、基本的には廃棄物です。
赤血球が死んでヘモグロビンが分解された後にできます。
うんこの色や、尿の色は
ビリルビンによって黄色系になります。
胆のうに異常があり、ビリルビンが十二指腸や腸に正常に流れない、消化不良の状態では、白っぽいうんこが出ます。
unko-chan
血液中にビリルビンが増加すると、
皮膚が黄色っぽくなり黄疸の症状が表れます。

胆のうの病気で手術をした患者さんが
茶色っぽい液体が入ったビニールバッグを腰から下げている光景を見かけますが、あれは胆汁の量や色を目視するために体外に出しているのです。退院するまでにはチューブやバッグは外れます。