胆石を内視鏡で

内視鏡で胆石を取り出す事が出来ます。
(詳しくはERCPを参照)
胆のうまで内視鏡を入れる事は出来ませんので、
総胆管につまった胆石に対しては有効な方法です。
胆石が大きい場合は、
バスケット鉗子で砕いたりすることもあります。
砕いた胆石が総胆管を通る時に、
破片が総胆管を傷つけて出血する事もありますので、
危険といえば危険な処置になります。
砕けない場合は、内視鏡の先に小さなメスをつけて
総胆管を切開して胆石を取り出す事もあります。
総胆管は5〜7mmととても細い器官ですので、
胆石の大きさによっては
総胆管を損傷してしまう危険性もあるので、
高度な技術を要する手術です。